幻のコットン「海島綿」

ひとたび身につけた人は、その感触を、決して忘れることがない。

このたぐい稀なコットンは、16世紀のある日、その優雅な感触と品位ある光沢で、英国女王の心をとりこにしたといいます。以来、英国の王侯貴族たちは、そのコットンを、200年もの長い歳月、門外不出で守り抜いたのです。カシミヤのようになめらかな肌触り、絹のような光沢。その繊維は世界中のどのコットン よりも細く長く、もっとも光沢にとみ、もっとも柔らかく、もっとも強く軽く。シーアイランドコットン。日本では海島綿とよばれるこの綿は、今日もカリブ海だけにわずかに産出され、傑出した品質に希少価値が加わり、まるで宝石のように高く評価されています。

ひとたび身につけた人は、その感触を決して忘れることがない。この「究極のコットン」は、今も、本物を知る肌だけのために、わずかに、そして丹念に紡がれています。

そのコットンは、海から生まれた

カリブ海の風と太陽が育んだ、シーアイランドコットン。

カリブ海に浮かぶ西インド諸島バルバドス、アンティグア、ネービス、ジャマイカ、そしてベリーズ。この限られた5つの地域のみで、今日も生き続けていま す。世界でもっとも優れた綿がこの地だけに育った理由は、その気候風土にあります。

年間日照時間は3,000時間以上、雨期と乾期の絶妙なバランス、そし て綿を栽培するこのうえない条件を備えています。まさにシーアイランドコットンは、この地だけに与えられた神の贈り物なのです。

門外不出の歴史ゆえに、それは「幻のコットン」と呼ばれた

英国王室には、「綿製品はシーアイランドコットンで」というしきたりがありました。これは、16世紀後半に英国が西インド諸島を領有したとき、王室にシー アイランドコットンが献上されたことに端を発します。その後、このコットンは、英国王室や貴族たちを魅了し、英国紳士たちの間で、ステイタスシンボルとし て愛され続けてきました。世界のいずれの気候風土のもとでも育たず、カリブ海だけに生きることを許されたこの綿は、長い間、英国が栽培から船積みまでを厳 しく管理し、糸の紡出も英国の名門2,3社に独占されていたということ。まさに門外不出のかたちで、その高品質が守られてきたのです。

ほんのひと握りの人だけの為に、花を咲かせる

だれよりも優しく、強く、美し、そして気高い

カシミヤのような肌触り、絹のような光沢。「着るほどによさがわかる」と愛用人に言わしめた、このコットンの最大の特徴は、圧倒的に長く細い繊維にありま す。繊維は長ければ長いほど、細ければ細いほど、しなやかな風合いと強さを生みだします。また、シーアイランドコットンは、天然の撚りも綿の中でもっとも 多く、どんな綿よりふっくらした柔らかな味わいをみせ、抜群の吸湿性を発揮します。さらに絹のような光沢は、他綿に比べ50%も高い光の反射度ゆえ。とて も綿とは思えない光沢が優雅な表情を生みだすのです。

本物の価値を守るために

1975年、それまで英国の独占状態にあったシーアイランドコットンの日本への正式な原綿供給が認められ、'80年より、品質保持のため、100%日本に 輸入されるようになりました。その商品化にあたっては、その限られた原料を有効に生かすことができるよう、優れた特製を充分に発揮できる品目を選択し、品 目ごとに業界トップクラスからメンバーを選定。メンバー各自が、厳しい品質管理のもとで製品化を行っています。シーアイランドコットンの商品はいずれも、 それが世界最高級の綿を使用し、厳格な品質・縫製管理基準のもとにつくられたことを証明する「西印度諸島海島綿」のロゴマークがつけられています。