レセントとは?

レセント 豊かな感性を求める大人のためにデザインされたブランド

LeCENT(レセント)は、高級ニットメーカーの林田が、1973年にわが国初の麻100%、多重染色のプリントニットシャツの商品化に成功したことをきっかけに、ファクトリーブランドとして発売したオリジナルブランドです。フランス語で100を表す「レセント」のテーマは、その名のとおり素材、品質、デザインのすべてに完璧であること。主にカシミヤ、ファインウール、麻、シルク、海島綿などの高級天然素材を用い、大人の感性を鮮やかに表現した高級カジュアルブランドです。
冬の素材の王様といえば、やはりカシミヤです。カシミヤは羊毛などに比べ格段に軽く、あたたかく、着心地にも優れています。一頭のカシミヤ山羊からの収穫量は150g~300gくらいで、その中でも最高級グレードの繊維は約40gとほんのわずかしか採れません。そんな極上の素材をおしみなく使ったニットは、まさにファッションの最高の贅沢、高級ニットの頂点を極めるものです。本物の物づくりを志向するHAYASHIDAにとって、本物を極めるのにもっともふさわしい素材が他の追随を許さないカシミヤであったのです。
その後、シルク、MAFなどの開発とともにまた、海島綿(シーアイランドコットン)のライセンスを取得しその内容もさらに充実してきました。

伝統に磨かれた感性と技

その1. 大自然の恩恵による天然繊維、そして厳選された1本1本の糸へのこだわりから始まります。
その2. 貴重なる自然素材を生かすための熟練の技術と心のこもった物づくりにこだわりつづけます。
その3. 自然素材の持つ優しさや、風合いと常に対話しながら感性豊かなデザインや色を提案します。
その4. 流行にまどわされず洗練された品のある質と美そんな大人の知的なエレガンスがコンセプトです。
レセント カシミヤ イメージ

ブランドアイデンティティ

LeCENTのLeはフランス語の男性冠詞で本来はル・サンと呼ぶのが正しい。従ってグローバルなファッションイメージ(テイスト)はパリまたは南仏のモンテカルロ、マルセイユ、アビニヨン、サントロペ、リヨン等憧れのコートダジュールに求めることにより今後の展開としてレセントのファッション背景が楽しくなると考えます。

レセントのモノづくりの原点はクラフトマンシップです。作り手と装う人、互いの感性が調和したときにファッションは完成されます。その心を伝えあうために、自然素材のもつぬくもりを大切にしたいと思うのです。

「良い素材は、一度着るとファンになってしまうね」

お客様の言葉が、レセントのファッションポリシーを見事に表現してくれています。しっくりとした肌へのなじみよさ、深みのある風合い、いつの時代にも色あせる事のない存在感、すぐれた素材との出合いによって、デザインはいっそう精彩を放ちます。カシミヤとファインウール、麻とシルクそして海島綿、自然は素晴らしいおくりものを与えてくれました。
レセントの物づくりはその一つ一つと対話しながら、もっともすぐれた原糸を選び出し、丹念に撚りあわせ、一枚のセーターに編み上げます。レセントの規準に合格するものは、ほんのひと握りの糸だけ。だからこそ、その真の魅力を伝える本物づくりに頑固なまでにこだわってきたのです。

いいものだけしか愛さない、いいものだけしか求めない。そして一人でも多くの人にレセントのつくる本物を愛して欲しいと願っています。

良/感/伝/承…いつまでも、生きている、いいもの

これがレセントの永遠の主張です。

 

素材へのこだわり

レセントのカシミヤ

幻のコットン「海島綿」

麻素材について

ニュージーランドメリノウール MAF