田辺工場のカシミヤセーター

和歌山県 田辺市とは?

【原料へのこだわり】

品質にこだわった物づくりが、最高の風合いを可能とする。
田辺工場で作られるカシミヤニットは、まず原料の選別から始まります。

1973年以来提案し続けてきたカシミヤニットは、毎年セーターを中心に展開しています。

カシミヤは素材のクオリティが重要であるという理念を元に、
原料の価値基準が時代と共に移り変わる中、出来る限り希少性の高いカシミヤ原料を使用してきました。

ホワイトカシミヤを中心に、繊度(繊維直径)、繊維長、異物混入率に独自の基準を設けてカシミヤ原料を選別します。

田辺工場外観・展望

【ニットを仕上げるまでのこだわり】

田辺のニットは希少性の高いカシミヤ原料を元に、熟練した職人の手によって、一枚のニットに仕上げられていきます。

編立、洗い、縫製、仕上げ工程に至るまで、一般的にニットメーカーが費やすとされる時間よりも、多くの時間を費やしています。

その理由は、非常に繊細な原料であり風合いが重視される素材だからです。編立スピードを抑え、洗い工程では自然乾燥を行います。

縫製や仕上げの段階でも、ほとんど手作業の工程に頼っています。さらに、釦付け、検品なども人の手で丹念に仕上げます。
また原毛の品質を活かす編地づくりには、日本が誇る世界の編み機メーカー、”島精機”の機器を導入しています。
これによりゲージ、度目、番手においてバランスが取れたカシミヤが持つ風合いを生み出します。

田辺工場外観・展望

【アフターケアへのこだわり】

田辺のカシミヤニットはデザイン・品質の両面において、”長年ご愛用いただけること”を前提とし作られています。

しかしながら思わぬアクシデントや手入れ不足により、虫食いや穴が開いてしまう事もあります。
LeCENTのカシミヤと末永くお付き合い頂きたい思いから、出来る限りお客様のアフターケアにもご対応したく考えています。

例えば胸元に穴が開いてしまった場合でも、熟練職人の手によって綺麗に穴を塞ぐことも可能です。

またニットと同じ色の補修糸を、あえて在庫として残すことにより、修正した箇所だけ色が変化してしまわないように、出来る限りの配慮を行うよう、日々努力しています。

レセントのカシミヤ製品に限り、保管時の虫食いによる穴あきや不注意により
引っかけなどで穴をあけてしまった等、修理(有料)することができます。
修理のお申し込みや補修料のお問い合わせなどご遠慮なくご相談ください。

カシミヤ修理のお問い合わせはこちら>>

レセント店舗情報はこちら>>

田辺工場のお仕事

田辺工場のお仕事

高級天然繊維を用いたニット製品を得意とする田辺工場の"強み"をご紹介。

和歌山県田辺市

和歌山県田辺市

自然豊かで歴史と伝統のある観光名所。LeCENTの製品はこの街から生まれます。

Japan Madeのカシミヤセーター

Japan Madeのカシミヤニット

ニット製品を得意としカシミヤ原料を使い続ける田辺のこだわりをご紹介。

パターンオーダー/オンリーワンの魅力